ISD移送警護サービス、現役ボディーガードがご家族の安全に配慮しながら大切な方を医療機関まで搬送いたします。

家族を病院に連れて行きたいけれど、自分達だけでは難しい…

うつ、無気力、精神疾患の移送説明イメージ

精神疾患が疑われる場合、早期での専門医の診断・治療が以後の症状の進行に大きな影響を与えます。

医療機関で受診して専門医が問題無いと診断が下れば無用な心配もなくなりますし、反対に治療が必要な場合でも、医師の指導の元、治療計画に沿って継続的に通院する事で症状は改善に向かいます。

しかし、大きな問題として、実際に精神科・心療内科を受診するのには本人の意思に左右される側面が大きく、ご家族が説得しようとしても理解が得られ難いと言う問題があります。そのまま通院できずに長期間放置してしまう事で、症状が悪化、さらには重症化すると言ったリスクへ繋がっていきます。

精神的な病を患っている本人が一番苦しんでいるのは言うまでもありませんが、周りで支えるご家族や関係者にかかる精神的な負担も大きく、時には本人以上に心労を伴う事もあります。

ご本人、そしてご家族様ご自身の為にも決して一人で悩まずに、まずは第三者である医療機関、自治体、民間の精神患者に対応可能な移送サービスを行う会社等にご相談ください。


ISDの精神科移送警護サービス / 業務内容

使用車両イメージ

弊社では「統合失調症」「人格障害」「パニック障害」「強迫性障害」「心的外傷後ストレス障害」などの精神疾患の疑いのある方、「アルコール依存および中毒症状」「危険ドラッグやその他の薬物依存および中毒症状」のある方など、幅広い事案の精神科移送業務を取り扱っております。

弊社の精神科への移送サービスは基本的に依頼者様(親族および保護者様)立ち合いのもとに行います。


以下に心当たりがある場合はお気軽にご相談ください

チェックマーク

  • 本人に自覚が無い為、病院に行くよう説得しても全く応じない
  • 部屋に閉じこもり出てこない
  • 幻聴・幻覚・妄想などの症状がある
  • 暴れる、暴力を振う
  • 自傷行為を行う事がある
  • アルコール依存
  • 薬物依存、乱用(合法、違法問わず)の疑い
  • 別居しているご家族の近況が分からない、連絡は取れるが何となく様子がおかしいと感じる
  • 対面する事を拒む、仕事や外出をしている形跡がない
  • 公共の交通機関で病院に連れて行くのには不安を感じる
  • 誰にも相談を出来ずに悩んでいる

ボディーガードが行う安心・安全の民間移送サービス

SP、ボディーガード、身辺警護員イメージ

精神疾患の疑いがある方、又はご家族様の意向により精神科への治療を受けさせたいという方を、弊社のボディーガードスキルを持つケアサポートスタッフが安全に配慮しながら医療機関まで安全に搬送します。

弊社では身体を拘束して強制的に連れていくというスタイルではなく、説得をした上で自らの意思により病院へ行くように促す移送を心がけています。

弊社の精神科移送サービスはご依頼者様の安全を確保しながら対象者様を安全に移送するために、最低、警護員(説得者)2名と運転手1名の計3名体制で移送業務を行いますが、ご依頼者様ご自身でお車をご用意し、運転して頂く事で、移送サービスにかかるご負担金額を抑える事も可能です。
※対象者様の状況により必要スタッフの人数が増減する可能性がございます。




サービス対応地域

東京、神奈川、埼玉、千葉、一都三県の日本列島地図

弊社の行う精神科移送サービスは東京都内を中心に都内近郊都市(神奈川、埼玉、千葉など)関東一円に対応しております。
関東以外の全国の各都道府県からの精神科移送サービスのご依頼でも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

※東京23区外で精神科移送サービスをご希望される場合、交通費は別途請求となります。

会社概要
インターナショナル・セキュリティ・アンド・ディフェンス株式会社
住所:東京都千代田区二番町1−2
TEL:03−3222−1126
WEB:http://isd-ltd.jp






移送サービスにかかる料金について

精神科移送サービス料金表精神科患者移送料金にかかるその他費用内訳

上記の料金108,000円は、キャンペーン期間中の特別料金となります。
ご依頼者様側でお車と運転手をご用意頂けない場合は、別途で車両代金(運転手含む)が1万5,000円かかります。車両と運転手をご依頼者様がご用意頂くことで、コストを抑えることが可能です。
(弊社で手配する車両は一般のワンボックスタイプになります。ご希望により車いす対応車両をご用意する事も可能です)

※対象者様の症状の度合いによっては金額が変動する場合がございます。詳しい内容は弊社までお電話またはメールにてお気軽にご相談下さい。


ご依頼から移送実施までの流れについて

1)電話での問い合わせ

まずはお電話にてお問い合わせ下さい。簡単にご相談内容をお伺いし、打ち合わせ日のご予約を頂きます。

矢印

2)打ち合わせ、契約内容の説明

面談にてご相談内容を詳しく伺ったうえで、精神科のある医療機関までの移送の方法や手順などの詳細をご説明させて頂きます。
移送実施日などもこの時点で決定させて頂きます。

※無料相談時間は1時間までとなります。

矢印

3)事前打ち合わせ

円滑な移送を実現するため、移送手順や当日の動きなどの確認をいたします。また当日までに弊社にて関係各所(警察、最寄りの交番など)への事前連絡を行います。
※この作業は基本料金に含まれておりますのでご安心ください。

矢印

4)移送業務実施

移送当日、業務開始前に、お客様と移送手順について再度確認を行い、開始となります。

矢印

5)移送対象者への説得

経験豊富なスタッフが対象者と接触し説得を行います。

その際、対象者による暴力行為・自傷行為・逃走行為を防ぐため周囲にある危険物及び危険要因の排除を行います。
拘束に頼る強制的な移送は必要最低限にとどめ、自ら医療機関に足を運んでもらうように、対象者と会話をし、十分な説得を行った上で移送を行います。

矢印

6)医療機関への移動

移動中に不測の事態が起こらない様に、弊社スタッフが対象者様と依頼者様を警護致します。

矢印

7)現地到着・入院手続き

病院到着後、担当医・専門職員へ引き渡して移送業務は終了となります。




このページのトップへ

Copyright (C) 2012 INTERNATIONAL SECURITY AND DEFENCE. All Rights Reserved.ISD移送警護サービス